犯罪に巻き込まれないために

海外の人気観光地は、スリやひったくりなどの犯罪が起きやすい場所です。旅行中は気持ちが浮かれて防犯の意識が下がりやすくなります。ちょっと気がゆるんだスキに犯罪に巻き込まれてしまうものです。せっかっくの海外旅行です。トラブルに巻き込まれないよう、十分警戒しておきましょう。 旅行中は多額の現金を持ち歩かないのが基本です。だいたいのお店でクレジットカードが使えるので、国際ブランドのカードを2~3枚持っていれば良いでしょう。現金は数千円程度もあれば困ることはありません。お金やクレジットカード、パスポートは一つのポケットにしまわず、分散して持ちましょう。他の貴重品はホテルのセーフティボックスに預けて、人目に触れないようにするのが大切です。

海外旅行保険に加入しておくべき

海外は日本よりも医療費が高いことで知られています。ほんの数分の診察で数万円請求されることは頻繁にあります。救急車を利用すれば数百万円も請求されます。万が一のことを考え、海外旅行保険に入っておくことをおすすめします。保険料は旅行日数や滞在地によって変動します。たとえばハワイに1週間滞在するときの保険料は、1万円以下で済むでしょう。ケガや病気で病院に行くことを考えたら、保険料を払っておいたほうが安心ですよね。海外旅行保険は病院の診察料以外にも、携行品損害をカバーしてくれるのがポイントです。旅行中にスマートフォンやカメラを壊したなんていうときにも、問い合わせをすれば修理代の一部をカバーしてくれます。